合格のためにこれだけは知っておこう、司法書士試験

司法書士試験は念に一回しか行われません。受験のチャンスは限られているうえ、筆記試験と口述試験の両方の合格が必要で、合格率は毎年3パーセント台と低いのも特徴です。内容も、司法書士としての適正を確かめるための試験ですから、当然法律にまつわるものばかり。つまり、きちんとした対策と、日ごろの勉強の積み重ねが合否を左右する試験であるということが出来ます。では、合格を目指すには、具体的にどのような勉強をすればよいのでしょう?

勉強は自分のスタイルにあったものを選ぼう

司法書士になるための勉強法には、大きく分けて三つの方法があります。まず一つ目は「独学」。書店などで購入することの出来る司法書士受験用のテキストや過去問題集を購入して、自宅で勉強するやり方です。一番気軽に、かつすぐに出来るやり方ですが、全てを自分でやらなくてはならないので、分からないところは自力で解決する必要があります。二つ目は「資格取得予備校に通う」。決まった時間に講師による生の講義を受けるため、独学ではわからないところもすぐに解消できるところが魅力ですが、総じて独学や通信教育よりも費用が高くなりがちです。三つ目は「通信教育」です。独学とは違いサポートを受けられるという違いがありますが、モチベーションが物を言うという点では独学と同じです。資格予備校に通う時間がなかなか取りにくい人や、そういった予備校が近くにないという人に向いています。

何年で合格したい?合格には目標設定も大切!

受験予備校に通学するにしろ、通信教育を受けるにしろ、大事なのは目標です。司法書士試験は年に一回しか受けられない試験ですから、合格者の多くも、2から4年程度の長期の勉強を経て合格に至るケースが多いです。「来年受ければいいや・・・」といった、目標の下方修正を何回も続けていると、合格へのモチベーションが低下してゆき、最終的に何年経っても合格出来ない、という悪樹幹に陥ることも。勉強にかかる費用も決して安いものではありませんから、合格を目指すなら是非とも「2年で合格する!」といった具体的な目標を設定してみるとよいでしょう。やる気がどうしても出ない時に、意欲を上げる事が出来ておススメですよ。

年齢制限がなく、誰でも受験できる司法書士の試験は難関な試験の1つですが、直接仕事に結びつく資格ですので、受験者は年々増えています。