クレジットカードの現金化はショッピング枠を利用

クレジットカードを利用してお金を工面する方法に関しては、ショッピング枠の現金化という方法があります。具体的には、クレジットカードで換金率の高い商品を購入し、それを買取業者などに持ち込み、現金を得るという方法です。法律に反する行為ではないですが、クレジットカード会社の規約違反に該当する行為ではあります。そのため、クレジットカード会社に、ショッピング枠の現金化を行っている利用者と判断された場合には、クレジットカードの利用停止措置を取られる可能性があるので注意が必要です。

クレジットカードの現金化は個人で行う方がお得?

クレジットカードの現金化に関しては、個人で行う方が換金率が良いケースもあります。例えば、品薄が予想されるゲーム機などを購入出来た場合では、換金率が100%を超えるケースもあります。また、ブランド品の腕時計やバッグなどは、安定した高換金率が保証されているうえ、売却先も豊富にあり、クレジットカードの現金化に利用しやすい商品と言えます。とはいえ、何が高換金率の商品であるかという情報は、クレジットカード会社も把握しています。高換金率の商品ばかり購入している利用者は、要監視リストに入り、クレジットカードの利用停止措置を取られる可能性があります。このため、あまり頻繁に行えない方法が、個人によるクレジットカードの現金化と言えます。

業者を使ったクレジットカードの現金化は便利?

クレジットカードの現金化に関しては、カード現金化業者を利用する方法もあります。現在では、キャッシュバック方式と呼ばれているシステムを採用している業者が一般的です。キャッシュバック方式に関しては、業者HPで特定の商品を購入することで、利用者の銀行口座に購入額の一部がキャッシュバックされるという仕組みとなっています。一般的に、購入額の8割程度はキャッシュバックされるため、多くの方にとって満足の行く換金率と言えます。カード現金化業者を利用する最大のメリットは、決済代行会社を経由した取引なため、クレジットカードの利用停止措置を回避出来ることです。また、キャッシュバック方式を利用する場合では、家から一歩も出ることもなく、即日にカード現金化が達成出来る利便性も魅力的だと言えます。

特典や割引に釣られて、何枚ものクレジットカードを作ってしまった場合は、思い切って枚数を減らす事が大切です。利用度の高さ、年会費、メリットの大きさなどを考え、自分で管理がきちんとできる枚数にしましょう。