信用取引を活用する株の選び方

株を売買することによって利益を生むのはうまく行えば莫大な資産を築くことができる方法です。株を買ってみようと思ったら信用取引を活用しましょう。株の選び方として、株価が大きく変動するものを選べば良いというのが信用取引でのポイントです。お金を借りて株式を買い、後で売ってお金を返すという方法と、株式を借りて売ってしまい、後で株式を買い戻すという方法ができます。株価が上がるときでも下がるときでも資産を増やせるのが特徴です。

信用取引で注意すべき金利

信用取引で株式を買って後で売るという場合にはお金を証券会社から借りることになります。そのため、借りている期間には金利がかかることは覚えておきましょう。証券会社によって異なる金利設定をしていて変動もあるので、始めたいと考えたときに低い金利を設定している証券会社を選んで始めるのが得策です。金利が大きくかけ離れている会社が多いわけではありませんが、積み重ねていくと大きな金額になりうるので注意しておきましょう。

売りのときには貸株料に注意

売りをするときには株式を借りることになります。信用取引で株式を借りたときにも金利と同様に貸株料がかかるのでその費用比較も行ってから証券会社を選ぶのが得策です。景気が良くなっているときには金利が低い方が有利であり、景気が低迷していく傾向があるときには貸株料が低い方が良いでしょう。買いと売りのどちらを積極的に行っていくかを考えて、金利と貸株料のどちらを優先して証券会社を選ぶかを考えるのが賢明と言えます。

株式を売買する場合、株式の現物を買う現物取引と株式などの資産を担保に証券会社から借入をして売買する信用取引があります。証券会社から借入をした時の支払利息を株の信用取引の金利と言います